読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人をダメにするアイツの話

冬って寒くて苦手です。
雪はそんなに嫌いじゃないんですが、寒さが嫌いなんです。
私の住む土地は海が近いので毎日風が強く、そのせいで体感温度は2℃~3℃下がります。
家の中では、相棒とともに一日を過ごしています。
それは、アイツです。アイツとは、こたつの事です。この子のポテンシャルや目を見張るものがあります。私を一時も離してくれずメロメロなダメ人間にしてしまうんです。トイレすら他の人に代わりに行ってもらいたいし、立ってる人を見ればおやつを持ってきてくれるようパシリに使います。
でも、この子、あんまり経済的じゃないんです。結構な電気代がかかるんです。
それでも私はアイツに入りたいし、アイツの裏切らない暖かさと包容力を心から求めています。
誰が私をこんなダメ人間にしたんだ!
違うんです、私が勝手になったんです、アイツは悪くないんです。
だって、アイツの中に入ったまま朝まで寝ると100%風邪をひくでしょ。
アイツは厳しいやつなんです。
ちゃんと「俺に依存してると痛い目みるぞ」って風邪をひかせて警告してくれてるんですから、アイツは悪くないんです。
私、春になったらしっかりするからそれまでは温かく見守っててね。
春がきたら、ちゃんとあなたから卒業するから…。